早漏の薬

早漏の原因はオナニーのやりすぎ?

早漏の症状を抱えていると密かに悩んでいる男性は少なからずいらっしゃいます。
早漏になると、女性に満足を与えることができず、強いコンプレックスを抱え込んでしまうことになります。
実は、早漏の主な原因として、刺激的なアダルトグッズを使ってのオナニーのやりすぎが考えられます。
男性であれば誰でもオナニーをする習慣がありますが、その際、刺激的なアダルトグッズを使うとすぐに射精してしまうことになります。
また、あまりにもマニアックなアダルトグッズばかりを好んでやりすぎると、特殊な性癖でしか興奮しなくなる可能性もあります。
そのため、早漏を誘発する可能性があります。
あるいは、力任せに刺激をしてすぐに終わるというオナニーの習慣も早漏の原因と考えられます。
というのも、オナニーですぐに射精してしまうと、本番の時も同じようにすぐに射精しやすくなるからです。
オナニーの際の癖がついてしまうことで、ペニスが刺激を受けると条件反射ですぐに射精するようにインプットされているからです。
そもそも中学や高校などの思春期の時期は、親に見つからないようにこっそりとオナニーをしていた方が多いです。
その場合、親が部屋に入ってきて見つかると恥ずかしいので、習慣的に早く終わらせるようにしていた方が大半です。
早漏の人は、その習慣が今でも残っていることが多いといえます。
つまり、早漏を改善するには、オナニーをする際に早漏のトレーニングとしてなるべくじっくりと時間をかけて楽しむように行うことが大事です。
妄想する男性オナニーを始めて1、2分で射精するのではなく、少なくとも5分以上は時間を掛けるといいです。
なので、刺激の強いアダルトグッズを使うのではなく、妄想などを利用してオナニーを楽しむと効果的です。
すると、本番でも徐々に射精までの時間が長くなっていきます。
軽度の早漏ならば、この方法だけで治る確率は高いです。
トレーニングを実施しても、すぐに早漏改善の効果を感じられないかもしれないです。
ただ半年程度、頑張って継続すれば、効果を実感できます。

早漏から中折れになってしまうこともあるので注意

実は、早漏になってしまうと、勃起力にも影響を及ぼすことになります。
そのため、中折れになってしまう可能性が高いです。
そもそも中折れとは、セックスの時に一度は勃起したものの、その後、勃起せずに萎えてしまう症状のことです。
一度中折れを経験してしまうと、男性は自分に自信を持つことができなくなります。
中折れは年齢的な衰えが原因でもありますが、早漏による心因性の原因も少なからずあると考えられます。
そもそも早漏で悩んでいる男性というのは、射精自体をこらえるために、意識的にセックス以外のことを考えて我慢する習慣があります。
その結果、性的な興奮が収まってしまうので中折れが発生しやすくなるというわけです。
早漏が原因の中折れの場合、セックスがうまくいかなかった経験により自信が持てなくなってしまいます。
その結果、セックスに対して強い不安を感じるようになり、その後も中折れを誘発してしまう事が多いです。
さらに、早漏と中折れという二重の心配が重なることで、性的な興奮を感じることができなくなってしまいます。
そのため、性行為に対しても気持ちが冷めることがあります。
10代から20代位の若者ならば、中折れを体験しても性欲が旺盛であるため、すぐに復活することが可能です。
ただ40代や50代の場合、全く勃起しなくなることが多いです。
したがって、早漏は放置せずに早めに治療した方が良いといえます。
手軽な解消方法というと、精力効果の高いマカ・亜鉛などのサプリメントが最適です。
一日に決められた量を飲むだけで、だんだんと自信が回復していきます。
全く副作用はなく安全性が高く、価格も手頃なものが多いです。
なので、安心して早漏回復に取り入れやすいです。