早漏の薬

早漏にならないためにも毎日トレーニングしよう

早漏は性的興奮などによって意図せずに射精してしまう症状のことです。
早漏の原因は大きく分けると心因性と器質性に分かれます。
心因性は精神的な理由によるもので、器質性はペニスなどが敏感であることなどがあげらます。
基本的に男性の性機能としてペニスの勃起と精液を放出する射精は異なるプロセスで行われています。
このため勃起しなくても射精することがありますし、射精しても勃起が収まらないといったケースもあります。
特に生殖活動において問題となるのがEDです。
EDの場合には勃起しなくなることで勃起不全とも呼ばれますが、重度の場合には女性器の膣に挿入することすら困難なケースがあります。
セックスそのものはペニスの挿入そのものだけではありませんが、やはり満足感が得られないデメリットがあります。
早漏の場合も同様で、多くの場合には射精してしまうと勃起が収まってしまうので、膣の挿入前に射精することはEDと同じような状態になります。
EDや早漏を改善する方法としては薬や慣れといったもので克服することができますが、日頃の生活を見直すことでも改善が可能です。
スクワットをする男性特にトレーニングをすることも重要でトレーニングでも筋トレが効果があります。
毎日激しい筋トレをする必要はなくスクワットなどを定期的に行うことが重要です。
勃起にしても射精にしても、その多くはペニスまわり、お尻まわりの筋肉が影響しており、これらを活性化させることで正常な状態に戻すことができます。
また男性ホルモンを生み出す栄養素のある食材を摂取しても男性ホルモンであるテストステロンを多く生み出すことは難しく定期的なトレーニングをすることで、男性ホルモンの量を増やすことができます。
男性ホルモンの量を増やすことができればEDを改善することができますし、射精をコントロールするためのお尻まわりからペニスまわりにかけて存在するPC筋を鍛えることで早漏を改善することができます。
これらの成果を得るためには毎日でも少しずつ行うことが重要です。

衰弱性早漏は筋トレで改善できる

早漏の種類のひとつに衰弱性早漏と呼ばれるものがあります。
衰弱性早漏は運動不足などによりお尻まわりやペニスまわりのPC筋やBC筋などの筋肉が弱まることで現れる現象です。
多いのは中高年で主にデスクワークをしている人、慢性的な運動不足やメタボリックシンドロームであるといった人たちに見られます。
特徴としては射精に勢いがないことで、また早く射精してしまうことです。
この原因は筋肉の衰えによって射精をコントロールすることが出来なくなることで発生します。
衰弱性早漏を改善するには筋トレで改善することができます。
そもそも筋トレそのものが早漏全般に効果があると言われています。
この理由はトレーニングによって筋肉の量を増やすことで男性ホルモンのテストステロンの分泌が活発になるためです。
一方で衰弱性早漏を改善する場合にはスクワットがもっとも手軽に行える方法です。
スクワットは特殊な道具も必要なく、単に腰を下ろすだけで良いメリットがあります。
ダイエットなどでも行われるスタンダードな方法です。
ただしスクワットによる早漏改善は衰弱性早漏などもともと早漏でなかった人の場合です。
元来の早漏の人は衰弱性よりもペニスが敏感なことによって発症している場合があります。
スクワットを行う時間としては、毎日3分から5分程度で良いとされます。
ここでポイントとなるのが毎日続けるということです。
長時間行うよりも短時間のスクワットを毎日行う方が筋トレとしては効果があります。
また肛門運動と呼ばれる方法もあります。
これは肛門の筋肉を意識的に閉めることによってPC筋やBC筋などを動かし、その結果筋肉を鍛えるというものです。
いずれにしても衰弱性早漏ではその原因となっている筋肉の衰えを鍛えることで改善することができます。